学校案内

理事長あいさつ

学校法人佐世保実業学園理事長 後藤 三世子

本校は、「真面目な近代産業人を志す者のために、経済社会の進展に即応した商業実務と工業教育による専門知識と技能を養成し、産業人としての豊かな人格と不屈の勤労精神を養い、経済界の要望に応じ得る誠実で健全な思想を持つ青年の育成」を建学の精神として昭和41年創立者 田中 嵩氏により日野の地に開校した学校です。

創立当初は商業科のみのスタートでしたが、次代のニーズに対応し機械科さらには自動車工学科を設置し多くの知識と技術を修得できるようになりました。

平成19年には「普通科」(単位制システム)を設置して時代の要請や生徒たちの多様なニーズに対応できる体制を整え、さらに平成22年にNHK学園(通信制)と連携して学べる全通併修教育制度を導入したことにより更なる教育の多様化の対応することができるようになりました。

令和4年度からはグローバルな人材育成のために「STEAM教育」を導入し論理的思考ができ、かつAIの技能・英語力・中国語力の向上を目指し、更には海外大学への進学サポートなど、世界と勝負できる「人間形成の教育」、「実践学習による実力人要請の教育」「勤労と奉仕を愛する職業人要請の教育」を実践いたします。

本校では、これからの高等学校の在り方を明確に捉え、未来を担う青少年の育成に向けて、時代の要求に相応しいSTEAM教育に取り組んでまいりたいと思います。また、私立学校にしかできないユニークな取り組みで、世界で活躍できる人材を育てる学校教育を推進してまいります。

校長あいさつ

令和4年度の始まりにあたり、皆さん一人ひとりにお願いしたいことがあります。それは、「自分を大切にしてほしい」ということです。

自分を大切にするということは、自分を甘やかすことではありません。勉強でも部活でも自分の限界突破を目指し、日々、努力を重ねて自分の可能性を開いていくこと。それが、自分を大切にするということです。やるべきことをやらずに、楽な方に逃げることは自分を甘やかしているのであって、そこに成長はありません。もちろん、疲れる時もあると思います。その時は休息を入れて鋭気を養っていいのです。 そして、休んだら、またがんばって一歩一歩前進していけばいいのです。昨日の自分より今日の自分、そして、今日の自分より明日の自分へと。大切なのは、他人ではなく自分自身との勝負に負けないことだと思います。

先日、ボクシング世界ミドル級王座統一戦の試合が行われました。最強王者のゴロフキンに村田諒太が挑み、9回TKO負けを喫しましたが、村田選手は臆することなくゴロフキンの強打を受けながらも前へ前へと出ていき善戦しました。試合後のインタビューで村田選手は「試合が決まり、練習すればするほど、怖くて怖くて堪らなくなった。日々、その恐怖に押しつぶされそうになり、自分自身に勝とう勝とうとしていた。しかし、ある時からその恐怖を抑え込むのは無理だと気づいた。その恐怖を引きずったまま戦えばいいと、怖いと思える相手と戦えることこそありがたいし、自分自身の成長もあるということに気づいた。相手に対する恐怖が尊敬に変わった時、自分の持てる力全てを思いっきりぶつけようという覚悟が固まった。大切なのは、自分自身に勝つことよりも、負けないことだと気づいた。」と語っていた。

皆が、自分を大切にして、自分の中にいる弱い自分に負けることなく、夢に向かって一歩前進の新年度としていってくれることを期待します。

佐世保実業高等学校校長 橋本 隆保